法人が保険に入る目的って知ってますか

個人の人や各家庭で保険の加入するというは分かると思いますが、法人が加入するのはどういう目的があるか知っているでしょうか。

ここではざっと四つのものを紹介していきます。

まず一つ目が「事業リスク」に対して損害保険で備えるというものです。

まず事業リスクとは、会社の業務の中で会社が損害を被ってしまうリスクのことを表します。

具体例を紹介してみると、火災などの事故のために建物の改修や建て替えが必要になる、休業せざる負えなくなり売り上げが落ちる、提供した商品・サービスに不具合が生じてしまい損害賠償をしなければならない、得意先が倒産してしまい売掛金が回収できなくなってしまった等があります。


これらの事態に対して様々な商品で対応することになります。

二つ目が社長の死亡に備えることです。
どういうことかというと、中小企業の場合だと社長の顔が売りになっているところもありますので、社長がなくなってしまったら、取引先がほかの企業へ流れてします、金融機関が融資してくれなくなるなどの問題が起きてしまいます。

これらを事態を緩和するために万が一の場合に備えて、お金が会社に入るようにしておく、つまり生命保険に入って保険金が入るようにしておくことが大切になってきます。

さらに社長がなくなってしまった場合は、社長の家族に対して死亡退職金というものを支払わなければならないケースもあります。
そのお金を用意しておく手段としても、生命保険などに入っておくことが大切です。


三つ目が従業員への福利厚生です。

これは従業員が病気になってしまった時に保険金や給付金が支払われるようにしておくというものです。なぜ福利厚生かというと、本来保険は従業員個人で加入するものだが、それを会社が変わって負担するからです。

四つ目が法人税の節税につながるというものです。

どういうことかというと、法人の場合は加入することが取引として扱われるので、保険料を支払うことで利益が減り、その結果支払う法人税が減ります。
これらが企業が保険に加入する目的の一部です。

健康保険の被扶養者について、私は最近までよく知りませんでした。
子どもだったらみんな扶養になっていると思っていました。
実際にはそれは間違いです。

国保に加入している場合は扶養者という概念はなく、1人1人が被保険者です。ですので、生まれたばかりの赤ちゃんであっても被扶養者ではありません。

被保険者と被扶養者の1番の違いは被扶養者であれば保険料がかからないのに比べ、保険料がかかることです。

社保では何人被扶養者がいても被保険者の収入によって決まった保険料だけで、被扶養者の料金はかかりませんが、国保だと収入によって決まった金額と世帯の人数で保険料が決まります。

ただし、被扶養者には必ずなれるわけではありません。

被保険者が社保に加入していて、扶養者と呼ばれるくらいなので扶養の関係がなくてはなりません。夫婦共働きで夫は自営業で国保、妻が会社に勤めていて社保という場合、子どもは妻の扶養にすれば得だと思いますが、実際に扶養しているのが誰かによって変わります。

夫の収入が妻より高い場合は子どもは妻の扶養にはなれず、国保に加入することになります。

また、夫も妻の扶養にはなれません。
これが妻の方が収入が多く、夫も子どもも年収130万円未満で妻の年収の2分の1未満である場合、扶養になれる可能性が高いです。

年金事務所や組合が審査して扶養に入れるか決定するため、基準が異なる場合もあります。

年収130万円未満というのは1月から12月という1年間ではなく、扶養加入する月から未来の1年をさします。


基本的には1か月平均10万ちょっとの収入かどうかを見ます。過去ではないので見るのが難しいですが、雇用契約書に記載されている時給や労働時間、または給与支払見込書を会社に作成してもらって審査します。


もうひとつの被扶養者になる要件は3親等以内ということです。

内縁ということが証明できれば被扶養者になれることもありますが、離婚したら離婚した日には扶養から外れなくてはなりません。

http://okwave.jp/qa/q8956226.html
http://www.mbs.jp/news/national/
http://allabout.co.jp/gm/gl/884/

埼玉の保険に関するご案内です。

練馬区の不用品回収なら、多くの人が選んでいるこのサイトにお任せ下さい。

コーヒープレゼントに関してお困りですか。

埼玉の保険情報を探しましょう。

コーヒーグッズをわかりやすく説明しています。